健康じてんしゃ店

2019

Home

BUSINESS DIARY
業務日誌の画像
今日は
2019–07–01

のんびりした営業日でした。

業務日誌の画像
今日も
2019–07–02

のんびりした営業日でした。

業務日誌の画像
問い合わせ
2019–07–04

電話での問い合わせがありました。
電球を交換してもヘッドライトが点灯しないので、修理代金と作業時間を教えて欲しいという事でした。
そこで、ライトの種類や状態に対して詳しく説明しました。
しばらくして、お客さんが来店。
自転車を見てみれば、オートライトのヘッドとハブダイナモをつなぐ電線が断線していました。
電話による修理代金の問い合わせに答えるのは難しいと、いつも思います。

業務日誌の画像
生活に
2019–07–05

一般自転車は、生活に欠かせない乗り物。
だから、自転車屋として生活に寄り添える仕事をしたい。

業務日誌の画像
子供自転車
2019–07–06

今日は、3台の子供自転車が店に持ち込まれました。
最初の自転車はタイヤのトラブルでしたが、ついでにブレーキレバーを握ってみれば、自転車は全く止まらない状態でした。
次の自転車はサドル高さの調整でしたが、ついでにタイヤを見れば空気が激減している状態でした。

お子さんは自転車の調子が悪くなっても、親に何も言わない場合が多いので、店に持ち込まれた際はその点に気を付けて点検するようにしています。

業務日誌の画像
空気不足
2019–07–07

空気が抜けてしまった自転車が持ち込まれました。
タイヤの溝は十分にありましたが、側面に大きな亀裂があり、そのためタイヤ・チューブを交換することになりました。
空気不足のまま長期間走行したことが原因と考えられます。

業務日誌の画像
今日は
2019–07–09

のんびりした営業日でした。

業務日誌の画像
雨の日
2019–07–11

1件の物販と 2件の修理がありました。
雨が降る営業日でも、売上があったことに感謝。

業務日誌の画像
三連休
2019–07–12

「15日はあいてますか?」と尋ねられました。
そういえば、明日から三連休ですね。
休まず営業しています。

業務日誌の画像
安全のために
2019–07–14

自転車屋は、お客さんが自転車を安全に乗れるように気を使うのも仕事のひとつです。
修理で持ち込まれた自転車を見て、別の箇所に安全に関する不具合を見つけた場合、それをお客さんに説明します。

昨日と今日、2台の自転車のフロントフォークを交換しました。
それらは大きな衝撃で後方に曲がっており、お客さんに安全に乗るためには交換が必要であることを説明した自転車でした。
曲がったフォークの写真はこちら >>

日頃から、フロントフォークが曲がった自転車がパンク修理などで持ち込まれることはよくあるのですが、この度のように交換まで話が進むことは少ないです。

業務日誌の画像
ルートラボ
2019–07–15

ヤフージャパン提供のルートラボが、2020年 3月をもってサービスを終了するそうです。
当サイトでは、ロードバイクのおすすめツーリングコースを案内している「播磨野自転車愉道」にて、ルートラボを使わせてもらっています。
さて、どうしよう…と考えて、以前に掲載していたマウス書きの地図を再使用することにしました。
といっても、スマホ対応にするためのサイトを制作したのは数か月も前のこと。
そんなに簡単に入れ替えられません。
まず、HTMLのソースコードを見直して、それぞれの意味・役割を思い出すことから開始。
完全手作りなホームページなので、素人の私にとってレイアウト変更は大変なのです。

業務日誌の画像
妻のおかげ
2019–07–16

お客さんが来店され、 手書きの地図が描かれた紙を広げて、「ここにパンクした赤い自転車を置いているので、直してほしい」と修理の依頼を受けました。
続いて、同じ紙の裏に別の地図をササっと描いて、「直ったら、ここの自転車置場へ持ってきてほしい」と。
その後、妻に店の留守を頼んで営業車を運転して地図の場所へ行ってみると、赤い自転車がありました。
それを営業車に積み込んで店に持って帰り、修理をして、今度は妻に配達を頼みました。
妻のおかげでスムーズに役目を果すことができました。

業務日誌の画像
思い返す
2019–07–18

お客さんに対してどのように接したか、いつも後から思い返します。
気を悪くされなかったか?
要望に応えられたか?

先日、お客さんから問い合わせの電話がありました。
私の店の近くにあるショッピングモールに自転車があるので、自宅まで持ってきてほしいというご依頼でした。
「出来ますか?」と尋ねられましたが、即答することが出来ませんでした。
自転車の確認方法、台数、置いている場所、鍵の受取り、配達時間…など、お客さんのご要望を把握するのに時間がかかってしまったのです。
結局、そのお客さんからの依頼はありませんでした。

私の対応に悪いところはなかったか、今でも思い返しています。

業務日誌の画像
正直
2019–07–19

来店されたお客さんに対して、「我ながら正直だ」と思える対応をしました。
正直に対応した方が安楽な気持ちになるので、私はいつも正直に徹するようにしています。
ほとんど売上げのない営業日があっても、この方法で不安な気持ちを滅することが出来ます。

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system