健康じてんしゃ店

2019

Home

BUSINESS DIARY
業務日誌の画像
商売のキホン
2019–12–01

この秋、自宅近くにあったアクアリウム店のあった場所が空店舗になりました。
私が自転車屋をやろうと決めた時と同じタイミングで新規オープンされたお店だったので、「廃業されたのかな?」と少し心配になりました。
ところが、先日の新聞に同店が掲載されている記事を発見。
それによれば、売上の多くがインターネット取引なので、実店舗の立地条件を考慮しなくても商売できるため、自宅近くに店舗を移転されたということでした。

商品を販売する場所は、実店舗からネットショップになっていくのでしょうか。
私の店では、自転車・用品の販売より、修理・サービスに力を入れています。
その結果、先月の物販は、カギ 2つ、冬用ハンドルカバー 1つ、虫ゴム 1つ、自転車 1台でした。

商品の販売に力を入れていないと、困ることがひとつあります。
それは、この業務日誌のネタがない…
商売のキホンは、人間の欲望を満たすことかもしれません。
その「欲望ネタ」が無いこの業務日誌をご愛読いただいている読者の皆さまに感謝します。

業務日誌の画像
不思議
2019–12–02

75歳以上の医療費負担の引き上げが検討されています。

自営業である我家の家計において最も大きな支出は、国民健康保険です。
その保険料のおかげで、年収からの控除額も大きくなって節税効果は抜群。
そのように所得税や地方税の節税方法はいくつもあるのですが、国民健康保険料については税金のような減額方法が限られているのです。
自営業にとって国民健康保険料を減額させる唯一の方法が「青色申告控除」だったのですが、それも来年以降から条件付きで改正されることが既に決まっています。
つまり、それだけ社会保障制度の財源確保と財政はひっ迫している状態なのかもしれません。

年金や医療に関する記事では「現役世代」という言葉が頻繁に出てきます。
サラリーマン時代は、高齢者になれば納付した年金を受給できるようになり、社会保険料の負担も減るので、なんとなく老後の気楽な生活に憧れていました。
しかし、自営業となり、50歳を迎え、現役世代を残すところ10年となった今、「現役世代に負担をかけない高齢者」という生き方に憧れ、年金の繰下げ受給70歳を人生の目標にしています。
そのためには、長く自営業を続けられるように、まずは健康が大切。

先日、かかりつけの病院にて、健康診断の結果報告を受けてきました。
「先生、どうでしたか?」
「ん~、不思議や…」
「不思議?」
「ぜーんぶ正常値やわ…(50歳なら)ひとつぐらいは外れるもんやけど」

健康な体に生んでくれた両親に感謝。

業務日誌の画像
久しぶりに
2019–12–03

自転車の注文をいただきました。
久しぶりだなぁと思って、前はいつだったんだろう?と調べてみれば、11月 1日でした。
自転車屋なので、自転車が売れるとやっぱり嬉しいです。

業務日誌の画像
南東向き
2019–12–05

綺麗な朝日が見える日が多くなってきました。

業務日誌の画像
想定外
2019–12–06

虫ゴム交換をするために空気を抜いた時、タイヤの中でバルブ根元のチューブが偏っていることに気が付きました。
そのままではパンクのリスクが高いので、知らぬふりは出来ませんでした。
「料金はかかりますが直した方がいいです」と説明したところ、承諾して頂きました。
緊急性がない想定外の修理は、申し出にくいものです。
損得ではなく、お客さんのためになる修理かどうか。それが大切だと思います。

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system