旧赤穂鉄道廃線跡

全体に平坦で初心者にやさしい、千種川に沿った約10キロのルートです。赤穂鉄道の廃線跡の道路には、昔を偲ばせる給水跡や駅跡の案内標が立てられています。ルートは幹線道路から離れたところにあり、車の通行は極めて少なく、木々に囲まれた落ち着いた雰囲気の中をのんびり走ることができます。 道幅が狭く見通しの悪いところがあり、時々通過する車には注意する必要があります。

2009–09–03
国道 2号、有年駅近くにあるルートマップ起点としている橋です。

2009–09–03
新幹線が横切る周世の集落までの区間は、写真のようなところを走ります。ルート東側が山になっているので、午後からの方が日当たりが良くて明るい雰囲気の中を走れます。

2009–09–03
ルート中に鉄道の残存物はありませんが、昔を偲ばせる給水跡の案内標を見ることができます。

2009–09–03
周世の集落に出て、新幹線高架の南を千種川に沿って走ります。この何でもない区間、個人的には走るのを楽しみにしているところです。

2009–09–03
周世を離れて千種川を南下、山陽自動車道の高架が見えてきた頃。

2009–09–03
高野の集落に入ると道幅が広くなります。正面に見える山の麓がルートマップの終点。

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system