大通峠

鳥取県との境に位置する標高1000メートルを越える超級峠です。ルートマップの起点から三室高原までの約 3キロの区間と、それより後の林道区間に分けた場合、前者の「起点~三室高原」の方がきついと感じられます。本格的な峠道となる林道の区間に極端な急傾斜はなく、途中に脚を休められるような勾配の緩い場所もあり、一定のペースでヒルクライムを楽しむことが出来ます。また、兵庫県下で2番目の標高を誇る三室山(1358m)を側にして、峠道からの展望を楽しむことが出来るのも特徴といえます。コースプロフィールをルートラボで見ると、起点から大通峠まで8.8キロとなっていますが、実際は10キロほどの距離があります。

2013–06–06
この先の分岐点を三室高原方面へ直進します。

2013–06–06
進行方向に見えるのは、兵庫県下で 2番目の標高を誇る三室山(1358m)。

2013–06–06
農地と集落の中に延びる坂道を進んでいきます。

2013–06–06
ルートマップの起点から三室高原までの約 3キロがきつく感じる区間となります。

2013–06–06
三室高原入口から少し進むとT字路に差し掛かります。ここは左折。起点からここまでの標高差は200メートル弱。ここから林道となって本格的な峠道になりますが、勾配は少しずつ緩やかになっていきます。

2013–06–06
林道区間に入りました。最初はきついけど…

2013–06–06
少しずつ勾配が緩くなってきます。

2013–06–06
ここはほぼ平坦。

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system