吉野川沿道

因幡街道の旧宿場町 大原の駅前から出発。200年前の本陣が現存する町並み保存地区を走ります。その後、一旦国道に出てしばらく南下。次は、宮本武蔵の生誕地と云われる「武蔵の里」へ。武蔵が二刀流のヒントを得たという讃甘神社(さのもじんじゃ)、武蔵生家跡など見学した後、17km下流の江見を目指して国道を吉野川に沿って走ります。緩やかな下りが続くルートは、周囲を山に囲まれた田園風景の中を大変気持ちよく走ることが出来ます。

2013–07–11
智頭急行 大原駅。特産販売所が併設された有人駅です。清潔なトイレ、ゆっくりとくつろげる休憩所があり、輪行の作業も落ち着いて出来る駅舎でした。

2013–07–11
大原駅から西へ進み、国道を越えてその先に、旧宿場町の姿をとどめる町並み保存地区があります。

2013–07–11
景観を損なう電線、電柱はなく、道路もアスファルト舗装ではないのが良いですね。

2013–07–11
町並み保存地区を後にして、一旦国道に出て南下。

2013–07–11
ここを左に入ります。

2013–07–11
武蔵の里にやってきました。

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system