健康じてんしゃ店

姫路駅近くにある下町の自転車屋

JR姫路駅 南口から徒歩 7分

姫路駅近くにある下町の自転車屋です。自転車の修理はお任せ下さい。OPEN 10:00~19:00 土 日曜 祝日も営業しています。定休日は水曜日。他店販売・ネット通販の自転車、防犯登録のみ、部品持込み、インボイス対応 全てOK! お問い合わせは、079–287–8507 までお気軽に。

MENU

修理のご案内

パンク修理、タイヤ交換、カギ紛失、ライト、ブレーキ、チェーン外れ、サドル、バスケットなどなど…、自転車に関する修理は何でも承ります。
他店販売・ネット通販の自転車、出張修理、防犯登録のみ、パーツ持込も大歓迎!
詳細はこちら
 ▶

おすすめ自転車

新車の販売は、23,180円(税込)から。
購入いただいた自転車は、しっかりアフターサービスさせていただきます。
詳細はこちら
 ▶

YouTube チャンネル

日頃の何気ない店の日常を撮影した【小さな店の日常 Vlog】と、姫路 播磨 兵庫周辺のおすすめサイクリングコースを紹介する【Cycling】の 2つの再生リスト動画を公開しています。

当店の YouTube チャンネル ▶

業務日誌

脱サラ・開業の準備から、2016年の店舗オープン、そして今日に至るまでのウレシイ、カナシイ話を綴っています。
BUSINESS DIARY
 ▶

兵庫 播磨 姫路のサイクリング

播磨地方を中心に、サイクリングロードや定番コースとして知られている区間を紹介します。
YouTube 車載動画もご覧いただけます。
播磨野自転車愉道
 ▶

半数以上のパンクは予防できます

店で受けたパンク修理の実例を根拠にして、半数以上のパンクは事前に予防できた真相を明かします。
なぜ自転車はパンクする? ▶

自転車を通して、社会の役に立ちたい

お子さまからお年寄りまで、誰でも気軽に乗ることが出来る自転車だから、いつでも安心して乗っていただけるサービスを提供したいと思っております。

オーナー写真画像

店主 : 井藤 周一   昭和44年生まれ
自転車技士 登録番号 16–28–0014
自転車安全整備士 第63.016.002

店主の自己紹介

店舗

外観 店内の写真

でんわ

079-287-8507

住 所

〒670-0965 兵庫県
姫路市東延末1丁目44−1

営業時間

10:00~19:00
定休日  水曜日

お支払い

現金の他に
JCB  VISA   Mastercard
WAON   楽天Edy   ICOCA   i D
PayPay
インボイス対応 OK!

チャンネル登録していただけると
大変うれしいです。
当店の YouTube チャンネル ▶

社会奉仕

日本赤十字の活動を支援しています
詳細はこちら ▶

道案内

JR 姫路駅から店舗まで道順をYouTubeで見ていただけます ▶

動画で案内

地 図

Googleマップで見る ▶

地図
BUSINESS DIARY
1万円札でごめんなさい
2024–06–21

お会計の時…
「あぁ、ごめんなさいね。大きいのしかないわ~」と 1万円札でお支払いされるお客さん。
「ぜんぜん大丈夫ですよ」と笑顔で応える私。
それは、偽りのない笑顔です。

対して、キャッシュレスでのお支払いにおいて「ごめんなさいね」と口にされるお客さんは皆無。
キャッシュレス支払いでは、私の心の中では涙を流して泣いています。
その理由は、私のような小規模店舗でも年間10万円を越える手数料コストが発生するからです。

レジ会計が日に何百何千件もあるような大規模店舗では、釣銭の確保や現金管理といった現金支払いに関わるコストが大きく、キャッシュレス支払いの手数料コストは相殺されます。
それに対して、レジ会計件数が日に10件前後の私の店の場合、年間に両替をする回数は僅かで、現金管理もきわめて簡単なため、キャッシュレス支払いのメリットはありません。利益率の低い物販小売業においてもそれは同じです。ただし、接待・アルコールをともなうサービス業においてクレジットカードのメリットは大きいと聞きますが…

政府のキャッシュレス推進政策を機に、キャッシュレス支払いの割合は年々増加しており、それと同時に消費者の財布はますます薄く小さくなりました。
そして、小規模店舗にとっては確実に手数料コストの増大に繋がっています。

不思議なことがあります。
ニュースを見るたびに「物価の上昇」という文言をうんざりするほど見聞きする昨今。
その理由に、円安、原材料費、光熱費、人件費、運送費…等の要因が上げられています。
しかし、年々増大するキャッシュレス支払いの手数料コストについては、誰も、どこも、NHKも、全く触れられていません。 なぜでしょうか。
ゆえに抵抗感なく消費者はキャッシュレス支払いを利用するため、サービスを提供する側としては心理的に「手数料コスト分を上乗せしやすい」とも言えるのです。

国税局、消費者ともにメリットのあるキャッシュレス推進政策だから、都合の悪いことは「見ざる聞かざる言わざる」なんでしょうか?

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system