2022–03–30

業務日誌の画像

生野峠から国道を約 1キロほど下ったところを右折して、「神崎農村公園ヨーデルの森」入園ゲート前を通過すれば、その先は猪篠(いざさ)という集落に入ります。
かつての馬車道は、「神崎農村公園ヨーデルの森」園内を通過しながら集落へ向かっていましたが、現在は残念ながら無断で立入ることはできません。
写真は、猪篠の集落手前の大歳神社付近。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

上写真は、青丸の付近。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

播但連絡道路の神崎北インターチェンジ付近で、馬車道は国道312号と合流しました。
歩道のない路側帯を南下していきます。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

緩やかな下り道が続きます。
生野では市川が流れていましたが、峠を越えたこちらでは、左手に流れるのは猪篠川。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

馬車道は、この先の分岐点を左に入ります。
進行方向を示す標識は見当たらなかったので、左方向に進むべきか迷いました。
注意していないと見逃しそうなポイントです。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

国道から分岐してしばらく進むと、巨大な2本の杉が立つ大年神社が見えてきました。
明治の頃、この夫婦杉は鳥居の前を往来する人馬を見守っていたのですね。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

のどかな田園風景の中をのんびりサイクリング。

兵庫 播磨 姫路サイクリング

当時のままの姿で馬車道が残っているという場所に到着しました。
2016年11月に行われた発掘調査で、当時の築造方法が確認できる道路跡が発見されたところです。
この先は進めるのかな?と、歩いていきましたが、私有地?のような雰囲気になったので引き返しました。
ちなみにモニュメントの馬について、当時はもう少し小型だったとか…

兵庫 播磨 姫路サイクリング

現存する馬車道がある場所は、青丸のため池沿いです。
見学後は、少し引き返して道の駅で休憩しました。

Copyright© 健康じてんしゃ店. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system